MENU

希望する金額が借りられるか

借り入れをするときには最も重要な項目かもしれません。
返済の方法や金利、手数料などを比較することは当然のことではありますがそもそもの目的である希望する金額が借りることができなければ意味のない比較です。
現在、他社からの借り入れがあるでしょうか。
それによって銀行系カードローンにするのか、消費者金融系カードローンにするのかの選択肢が変わります。

 

消費者金融系カードローンには総量規制があります。
貸金業である消費者金融からは年収の3分の1を超える金額を借り入れることができません。
他社からの借り入れ金額があり、すでに年収の3分の1に達しているときには消費者金融から借りることができないことは覚えておきましょう。
間違いやすいこともありますので確認しておきたいこともあります。
「銀行系消費者金融」というものです。

 

消費者金融は単独での運営を行っているところはほとんどなくなりました。
大手消費者金融でみてみるとアイフルくらいのものでしょう。
多くの消費者金融が銀行という後ろ盾をもっています。
その理由は、グレーゾーン金利撤廃による過払い金返還です。
過払い金返還請求というのはテレビのCMでもよく目にする機会があるかと思います。
改正貸金業法施行によって消費者金融は余計に搾取していた利息の返還請求に応じなくてはならなくなりました。
多くの消費者金融は単独運営ではその返還請求金額に応じきることができず銀行の傘下に入っています。
アイフルは単独運営とはなっているものの改正貸金業法施行の同年に事業再生ADRを利用し私的整理の再建を図っています。
銀行の傘下に入っている、銀行グループに属している、それを銀行系消費者金融と呼ぶことがあります。
しかし消費者金融であることには変わりがありませんので貸金業となり総量規制の対象となっています。

 

他社からの借り入れがないときには消費者金融も銀行もどちらのカードローンでも希望は叶いやすいでしょう。
選択肢は自分で決めることができます。

 

ここで一つ、初回融資限度額についてご説明します。
消費者金融も銀行も、初回融資限度額が高くなることはありません。
その平均はどちらも30万円前後となっています。
希望する借り入れの目的がはっきりとしているならば銀行の目的別ローンを利用して大きな融資を受けることも可能ではありますが、通常のカードローンを利用するならば融資限度額は30万円前後になることは覚えておきましょう。

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円