MENU

どんな業種のカードローンを選ぶのか基準を知る

ご紹介したようにカードローンには銀行系、信販系、流通系、消費者金融系と種類が多くあります。
カードローン選びは、まずどの業種のカードローンを選択するのかから始めなくてはなりません。
その次はその業種のカードローンからどこの業者を選択するのかとなっていきます。

 

そう考えてみるとカードローン選びは簡単なものではなくなります。
まずは業種別カードローンを選択する場合のポイントをまとめていきましょう。

 

「銀行系カードローン」
金利が低いため長期の借り入れに向いていますが、即日融資ができる銀行系カードローンは限られています。
金利の違いが銀行の違いです。
消費者金融の金利と変わらないジャパンネット銀行や新生銀行カードローンのレイクもあります。
他社からの借り入れを借り換える専用プランとして東京スター銀行はのりかえローンが上限でも一桁の金利になっています。
しかし一般的な銀行金利は上限が15.0%と以下となっていますので、即日キャッシングを希望するとしても上限金利は15.0%以下であることを確認しなくてはなりません。
他のカードローンに比べて金利が低いため、長期の借り入れに向いているのが銀行系カードローンになります。

 

「流通系・信販系カードローン」
金利は消費者金融とそれほどの違いがありません。
最近では提携ATMも多くなっており通常の消費者金融と変わらない使い方ができるようになりました。
大きな違いとしては融資限度額が低いことにあります。
流通系・信販系カードローンではメインの機能はショッピングとなっています。
基本はショッピングの決済方法として使われるのがクレジットカードであり、キャッシング枠はあくまでも付帯しているサービスとなっています。
多くの場合にはキャッシング枠の限度は高い金額とはなっていません。
しかしすでにクレジットカードが手元にあるのであれば新しくカードローンを契約する必要はありませんので最も早く、そして気軽にキャッシングができる方法となるでしょう。
金利が消費者金融とは変わりありませんので、返済が長くびくような借り入れは気をつけなくてはなりません。

 

「消費者金融系カードローン」
即日キャッシングを考えているときには最も確実性の高いカードローンとなります。
しかし金利が高いことは忘れることができません。
利用してみなければ適用金利がわからないというのもまた大きなデメリットではありますが、そもそも上限金利である18.0%で利用していくことになるとして計画を立てたほうがよいでしょう。
そのため利息については慎重に考えなくてはなりません。
日割で加算される利息は金利を土台としていますので日数が長くなるとそれだけ利息の支払いも多くなります。
借入期間が短いキャッシングならば消費者金融系カードローンでも利息の負担は大きなものとはなりません。
すぐに借りたいとき、そして短期間で返済ができるときには消費者金融系カードローンを考えてみましょう。

 

どうでしょうか。
どの業者にすればいいのか、わかりやすくなったかと思います。
銀行系カードローンでは金利が低くなっていますので最もおすすめ度の高い借り入れ先とも考えることができますが、少額のキャッシングであればクレジットカードに付帯されているキャッシングも活用の価値がありますし、サービスが充実している消費者金融系カードローンも使い勝手があります。

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円