MENU

消費者金融系カードローンの特徴

消費者金融系カードローンと分類させていただきましたが、つまりは消費者金融で行われる通常のキャッシングとなります。
発行されたカードで借り入れをするつまりローンをすることをカードローンとしていますので消費者金融系カードローンとは、消費者金融からの借り入れを指すこととなります。

 

個人が借り入れをするとして一番に思い浮かぶのではないでしょうか。
消費者金融が取り扱っているカードローンは金利が高い反面、敷居が低いというメリットがあります。
審査が甘いということはありませんが、アルバイトやパートでも申し込みができるカードローンとしては消費者金融系カードローンがメジャーとなるでしょう。
銀行カードローンでもアルバイトやパートが利用できる銀行は増えてきていますが探す必要があるというのが正直なところです。

 

金利についてはしっかりと考えなくてはならないのもまた消費者金融系カードローンの特徴でもあります。
消費者金融系カードローンの場合、金利の上限は18.0%です。
下限は4%前後であり上限が18.0%とはなっていますが適用される金利は18.0%であると考えておかなくてはなりません。
どのような利用をすればどのような金利が適用されるのか、それが明確にはなっていません。
例えば増額をすると金利が下がると聞いたことがあるでしょう。
もしくは返済実績を積むことによって金利が下がると聞いたことがあるかもしれません。
ところがこれらは確実なものではなく、間違いのない利用をしていても金利が下がらないこともありますし、金利引き下げの相談をすると下がることもあります。
金利に対してはっきりと決められているのは上限だけであり、どの金利が適用されどんなタイミングで金利が下がるのかは明確ではありません。
消費者金融カードローンの借り入れと返済計画を立てるときには金利が18.0%と最上限であると考えておくと安全です。

 

それでは消費者金融系カードローンについてまとめてみましょう。
・他のカードローンと比べると金利が高い
・即日キャッシングの可能性が高い

 

金利が高いだけに返済が長くかかるとどうしても利息の負担が大きくなります。
そのため短期返済ができる借り入れに限ることが消費者金融カードローンを利用するときに必要な条件となるでしょう。
日割り計算となる利息は完済までの期間が長くなればそれだけ利息を支払う日数が増えることになりますので同じ借り入れ金額だったとしても金利が低い方が利息の負担が抑えられることになります。

 

しかし即日キャッシングの可能性はカードローンの中でも最も高くなっていますので急な借り入れには適している消費者金融カードローンとなっています。

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円