MENU

銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンを利用するときの一番のメリットは金利が引くということでしょう。
ただしすべての銀行系カードローンが低金利となっているわけではありませんので比較することを忘れてはいけません。
銀行系カードローンは「低金利」であることを最重要として比較していきましょう。

 

銀行口座は多くの方が利用しているものです。
現在では給与の受け渡し方法としても使われており、各種公共料金の引き落としも口座から行っている方は多いでしょう。
普段利用している銀行、それが口座引き落としのためであったり、定期預金として利用している銀行、既にお持ちの口座がある銀行であればカードローンは金利がさらに優遇されることがあります。
自分が利用している銀行のカードローンから調べてみるとよいでしょう。

 

銀行は貸金業ではありませんので個人への融資にも年収の3分の1以内という制限はありません。
比較的大きな金額を借り入れたいというときには総量規制の対象ではないということが意味のあるものとなるでしょう。
そうはいっても、返済能力を考慮しての融資限度額決定となりますので、年収の半分もの融資限度額になるというようなことはないでしょう。
基本的には年収の3分の1は一つの目安として銀行からの借り入れでも使われていると考えておくと間違いはありません。

 

銀行カードローンはメリットは低金利になりますがもちろんデメリットもあります。
それは審査が慎重に行われ時間がかかることです。
消費者金融では即日融資が一般的となりますが、銀行系カードローンでは審査に時間がかかることが多いものです。
最近では消費者金融のように最短30分と審査時間が短い銀行もありますが、基本的には審査には時間がかかり即日融資の可能性は高いものではないと考えておくべきでしょう。
借り入れが緊急性のあるものであれば銀行カードローンは即日融資が可能となる確率が高い契約機を設置している銀行から選択することが安心です。
消費者金融の自動契約機と同じような働きを持つ契約機が設置されているのは、例えば三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックであったり、三井住友銀行カードローンのローン契約機、そして新生銀行カードローンの自動契約機があります。
それでなければ申し込みから融資を受けるまでには3営業日はかかるものとして余裕を持って申し込みをしましょう。

 

それでは銀行カードローンについてまとめておきましょう。
・低金利であることがメリット
・審査に時間がかかることがデメリット
・低金利であるために返済期間の長り借り入れに有利

 

銀行金利は上限が15.0%以下であることを前提にして探してみましょう。
それ以上の金利であれば消費者金融と大差ない金利となってしまいます。
銀行を選択する意味が半減することとなるでしょう。
審査にかかる時間は3営業日は覚悟しておき余裕を持った申し込みが必要です。
金利が低いことから考えても、短期間ではなく長期の借り入れにかかる利息を軽減させることができますので銀行系カードローンは向いています。

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円