MENU

知ってるようで知らないカードローン

そもそも銀行カードローンとはいったいどのようなものなのでしょうか。
消費者金融のフリーキャッシング、おまとめローン、銀行のカードローン、多目的ローン、目的別ローンなど非常に多くのローンが私たちの身の回りにはあります。

 

銀行カードローンの使い方は基本的には消費者金融のフリーキャッシングと変わりありません。
消費者金融の場合キャッシングと呼ばれることが多くなってきましたが。そもそもはカードを作りサービスを受けるという点でカードローンと呼ばれていますので仕組みとしては同じものであると考えてよいでしょう。
さらに言えば本人であることが確認され個人信用情報機関に照会されてから契約となりますが、原則無担保となっています。
ここをみても消費者金融と銀行のローンは同じものであることがわかります。

 

消費者金融にあるキャッシングが消費者金融系カードローンと言われています。
クレジットカードにあるキャッシングサービスが信販系カードローンと呼ばれています。
そして銀行で提供されているフリーローンが銀行系カードローンと呼ばれています。
金利に違いがあり、サービスに違いがあります。
もっとも金利が低いのは銀行系カードローンとなりますが、申し込みから借り入れまでの時間が短いのは消費者金融系カードローンです。
信販系カードローンはクレジットカードに付帯されているキャッシング枠というサービスになりますのですでにクレジットカードを持っている場合には改めて別のキャッシングを考えるよりもクレジットカードのキャッシング枠を利用した借り入れの方が手間が少ないというメリットがあります。

 

カードローンはほかのローンとは変わってきます。
必要な金額を契約する通常のローンとは違い、融資限度額として金額が決定すればその金額の中で何度でも借り入れができるのが特徴です。
30万円と融資限度額が決まったとしてもそこから2万円しか借りないという選択もできますし、ピンチに陥ったときに活用していくという方法もあります。
使い道は事業性のある借り入れでなければいたって自由となっており、借り入れも返済も自由に行っていくことができます。
融資限度額の範囲内で借り入れを行えばその借りた金額は分割で返済をしていくことが基本です。
毎月の返済額は返済方式によって算出されており、完済まで一定額のことも有れあ月々の負担は軽くなっていることもあります。

 

最近ではキャッシングという言葉がよく聞かれるようになりましたが、基本的には消費者金融でも銀行でも信販でも、カードを使ったローンをカードローンとしています。
しかし最近よく使われる「キャッシング」とは、貸金業からの借り入れを指していることが多く、消費者金融からの借り入れやクレジットカードのキャッシング枠を利用することもまたキャッシング呼ばれることがあります。

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円