MENU

返済方式は何を表しているのか

返済方法のほかに返済方式という言葉が消費者金融や銀行のカードローンにはあります。
ATMから返済をする、振込返済をする、これらは返済方法となりますが、それでは返済方式とはなんでしょうか。

 

返済方式とは毎月の返済額を決めるための計算式です。
一般的には最低返済額を決めるためのものでありそれ以上の返済は自由となっていることが多くなります。
毎月の負担を少なくしたいのであれば返済方式には注意を払っておきたいところですが、例えば最低返済額が3,000円となっていたとしても1万円は返済をしていきたいのであれば返済方式は気にする必要はありません。
月々の負担を軽くすることで返済方式によってメリットが出てくるようにも感じられますが、その分返済期間が長くなり支払う利息も増えるというデメリットもあります。

 

消費者金融や銀行のカードローンにはどのような返済方式があるのかを見ていきましょう。

 

・残高スライドリボルビング方式
消費者金融や銀行の返済方式として残高スライドリボルビング方式が最も多く採用されています。
細かく分けると残高スライド定額方式、残高スライド元利定額リボルビング方式、残高スライド元金定額リボルビング方式、残高酢ライト定率方式、残高スライド元利定率リボルビング方式、残高スライド元金定率リボルビング方式に分かれます。
この中では残高スライド元利定額リボルビング方式が多く使われています。
いずれの返済方式でも借入残高によって返済額が変動するシステムです。
返済をして借入残高が少なくなると、その返済方式の元となるものが小さくなりますので毎月の返済額も小さくなります。
それを定額とするのか一定の率をかけるのかによって返済額は変わります。

 

借入残高が10万円以内のときには毎月の返済額が3,000円など金額が決められていることがカードローンでは多い返済方式となります。

 

・分割払い
クレジットカードでは多くなりますが分割払いもあります。
毎月の返済額が一定で、借り入れ金額による変動はありません。
毎月の返済としての支出が一定であることによって返済計画が立てやすい、家計からの出費に変動がなく安心といったメリットがありますが、一方で借り過ぎを危険視されるのもこの返済方式の特徴です。
5万円を借り入れたときでも追加融資によって30万円にまで借り入れ金額が増えたときでも毎月の返済額は固定となります。
そのため借りている金額に対しての実感がなく、いくらを借り入れたとしても返済額に変動がないという安心感から借り入れが過ぎてしまうことが多くありますので気をつけなくてはなりません。

 

どのような返済方式だったとしても注意するべきは利息として支払う金額の大きさです。
元金を返済するものであり、利息の支払いは極力抑えることが返済を早く終わらせるコツであることを忘れないようにしましょう。
返済方式による最低返済額に頼っていたのでは返済が長引く一方です。

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円