MENU

カードローン審査は何を基準にするか

申し込みをすると必ず審査が行われます。
審査なしでの貸し付けはありません。
返済能力があるかどうか、これが審査の重要なポイントとなりますが、返済能力がないと判断されたり、返済能力に疑問を持たれると審査に通ることはありません。
つまり借り入れができないこととなります。

 

審査では個人のどこまでが調査されるのか気になるのではないでしょうか。
その審査によっては借り入れができないこともさることながら、自分の何が調査の対象となり、どこまでが知られるのか不安になるものです。
担保もなく、保証人も必要がない現在のカードローンは審査がより慎重となっています。
借り入れたい本人が手続きをすることはもちろんのこと、その勤務先の情報も申告しなくてはなりません。

 

審査では具体的にどんなことが行われるのか確認していきましょう。

 

・与信スコアリング
申込書には多くの情報を記入することとなります。
実際に書き込んでみるとその細かさに驚くこととなるでしょう。
個人の情報として住所氏名、生年月日や連絡先はもちろんのこと、居住形態や居住年数、家族構成や扶養家族の人数など申告しなければならない項目が多くあります。
職業情報もまた同じように細かな情報となり、そのほかには他社からの借り入れ状況についても申告しなくてはなりません。
これらは収入と支出を調べるための大事な項目です。
収入はどのくらいあり、支出として想定できる金額はどのくらいなのかを算出し、そして返済額として毎月用意できる金額を推定することとなります。
与信スコアリングとはそれぞれの項目つまり属性に対して点数をつけ採点方式で審査をすることになります。
これが自動審査となっておりコンピューターで行われます。

 

・個人信用情報機関への照会
申込書に記入した内容に間違いがないのかを確認する作業でもあります。
そして現在の他社からの借り入れ状況、過去の金融事故を確認することにもなります。
消費者金融の場合、総量規制がありますので他社からの借り入れ金額は非常に重要となります。
年収の3分の1を超えることができないのはもちろんのこと、他社からの借り入れ金額も合わせて100万円を超えるときには収入証明書類の提出が必要となります。
改正貸金業法の中の総量規制という法律によって決められている時効となりますのでこの確認は必ず行われます。
金融事故も重要です。
過去の借り入れにトラブルがあれば当然のことながら今回の貸付にも心配が出てくるでしょう。
金融事故とは3か月以上の滞納、債務整理があります。
ブラックと呼ばれることがありますがこれは金融事故を指しています。
借り入れに関してだけのことではなく、意外にも多いのは携帯電話料金の支払い未納、遅れによる金融事故とです。
携帯電話も今では分割で機種を購入することとなります。
分割である以上、クレジットカードの支払いも同様に債務となります。
これらに3か月以上の滞納があるときには金融事故となります。

 

・在籍確認
申込書に記入した勤務先に勤めていることを電話によって確認します。
銀行や消費者金融から直接勤務先へ電話がありますが、個人名を名乗りますので深い心配は必要ありません。
在籍していることさえ確認できれば完了となりますので本人が電話口に必ずしも出なくてはならないということもありません。
「そのような方は当社にはおりません」という回答でもない限り、「席を外しております」でも「本日は休暇を頂戴しております」でも在籍確認ができたこととなります。

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円