MENU

カードローン申し込みの流れを確認

銀行系カードローンも消費者金融系カードローンも申込をしなければ利用ができないのは間違いありません。
その申し込み方法にはどのようなものがあり、流れとしてはどのようなものがあるのか、確認していきましょう。

 

カードローンを初めて利用する方には、お金を借りたいという目的があったとしてもその申し込みには緊張があるものです。
申し込みはどのような方法があるのか、手続きにはどんなものが必要になるのか、審査では何を調査れるのか、不安になるのは当然のことでしょう。
その流れを確認することでまずは不安な気持ちを解消していきましょう。

 

カードローンの申し込み方法は実に充実しています。
申し込み時に何を重点に置きたいのかによって申し込み方法を選択しましょう。
・インターネット申し込み
パソコン、携帯電話、スマートフォンからインターネットを利用して申し込みができます。
各社のホームページでは申し込みボタンが用意されておりそこから手続きを進めていくことができます。
申し込みだけであれば24時間365日受け付けているのはインターネットの特徴になるでしょう。
ただし審査対応時間は各社によって決められたタイムリミットがありますので確認しなくてはなりません。
審査が早いのもインターネット申し込みの特徴となっており、最短30分の審査になっているのが今では珍しいことではありません。
時間も場所も問わずに申し込みができることがインターネット申し込みです。

 

・郵送申し込み
郵送のためには申込書類を手に入れなくてはなりません。
FAXで取り寄せ、郵送での取り寄せ、これらが一般的となっていますが、銀行系カードローンであれば銀行の店舗に申込用紙が用意されていることもあります。
郵送申し込みは最も時間がかかる方法であり選択されることは少ないでしょう。
申込者側からの発送、消費者金融や銀行からの郵送を待つことになりますので短くても1週間はかかるものとして申し込みをしなくてはなりません。

 

・電話申し込み
最近では電話申し込みでも素早い対応となっている業者もありますが、一般的に考えると郵送と同等の時間がかかるものと考えてよいでしょう。
電話を通じて業者と相談できることが電話申し込みのメリットです。
特にカードローンを初めて利用する方は金利の仕組みや返済方法、返済方式なによる最低返済額の違いを確認しておくと安心でしょう。

 

・自動契約機
銀行系カードローンでも自動契約機を用意している銀行があります。
新生銀行カードローンレイクのでも自動契約機があります。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックではATMコーナーにテレビ窓口があります。
三井住友銀行カードローンではローン契約機があります。
消費者金融だけが自動契約機を設置しているのではないものです。
自動契約機は身分を証明する本人確認書類を持参するとその場で申し込みから契約までが完了し併設されているATMを利用して借り入れができるというもっともメジャーとなる契約方法です。
営業時間に制限はありますが、365日営業している自動契約機が多くなっています。

 

・店頭窓口
直接来店での契約方法となりますが、現在はインターネット申し込みと自動契約機が主流となっていますので店頭窓口を設けている業者自体が少なくなります。
銀行では店頭でのカードローン受付を行っていないことが多数となりますので、店頭申込みは消費者金融に限られます。
自動契約機と同じような契約となりますが、ここでの最大のポイントは担当者と対面で申し込みをすることにより相談ができることにあるでしょう。

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円