MENU

銀行にある様々なローン

銀行で取り扱っているローンにはさまざまな種類があります。
カードローンばかりが銀行の取り扱いローンではありません。
むしろカードローン以外のローンがメインとしてあるものです。
住宅ローンなどの大型ローンもあり、比較的小さな金額の貸し付けとなる多目的ローンもあります。
そして資金使途に制限がなく融資限度額の範囲内は自由に利用ができるという便利なフリーキャッシング、それが銀行カードローンです。

 

呼び名だけでも多くあり、その業者によっては違った呼び方をすることもありますので混乱しがちになることもあるでしょう。
まずはどんなローンがどのように呼ばれているのかを確認していきましょう。

 

目的別ローンとして住宅購入費用のための住宅ローン、自動車購入ためのブライダルローン、教育に関わる費用のための教育ローンなどがあります。
大型の借り入れ金額になるローンであり銀行ローンの柱ともいえる商品でしょう。

 

そこまでの大口ではないにしても中型のローンとしてあるのが多目的ローンです。
銀行によってはフリーローンと呼ぶこともありますが、資金使途は自由ではあるものの目的のある支払いに限られています。
借り入れではなく支払いというところがポイントになります。
例えばこんな場合があります。
「金額の高い楽器を購入するときの費用」として多目的ローンが利用できます。
多くの場合、店頭で分割ローンを組むことになるでしょう。
しかしその分割ローンは自分が選択した業者ではなくその店が契約をしている業者の分割ローンです。
金利がいくらであるとか、返済額や返済日はどうであるとか、自分には何の選択肢もありません。
言われるがままの分割ローンは金利が低いということはありません。
低くはないからこそ店との契約によって件数を確保しなければなりません。
ところが分割ローンは必ずしもその店が契約している業者で契約をしなければならないということはありません。
結果として支払いが行われればそれで問題はないわけです。
支払いは銀行の多目的ローンを利用します、それで充分です。
楽器を購入の契約をすれば納付書が発行されますのでその納付書をもって銀行の多目的ローンに申し込みができます。
資金使途が目的のある購入の支払いとなっているのが多目的ローンになりますので追加融資などはなく、支払いを代行してもらいその返済を銀行に行うこととなります。

 

銀行のローンとしては小口のカードローンがあります。
資金使途は自由となっているもの事業性のある融資を除くと注意書きがあるのは銀行だけではなく消費者金融でも同じことです。
申し込みをすれば審査によって融資限度額が決定し、その金額の範囲内であれば借り入れは自由となっています。

 

銀行にあるローンはいろいろな形があります。
目的がはっきりと決まっている借り入れであれば多目的ローンや目的別ローンなどを選択するとよいでしょう。
他の資金使途に使うことができない反面、低金利といわれている銀行カードローンよりもさらに金利が大幅に優遇されています。
自分の借り入れの理由にあわせて銀行のローンを選んでいきましょう。

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円