嘘?借り過ぎ?審査に落ちるその理由

もし審査に通らないとしたら、どのような原因があるのでしょうか?

 

返済方法や金利など十分に比較したとしても、審査に通らなければ意味のないものとなってしまいます。あり得ることをひとつひとつ確認していきましょう!

 

嘘の申告がバレると審査に落ちる

申込書には非常に細かな項目があり、そのひとつずつに正確に答えていかなくてはなりません。曖昧なことがあってはならないのは、契約をするための申込書になりますので、社会人であれば当然のこととして考えなくてはならないでしょう。

 

全ての項目を確実にするのは手間がかかるかもしれませんが、それでも確実な情報を記入しなくてはなりません。個人信用情報機関に照会することによって、もしくは在籍確認をすることによって、その嘘や間違いはたちどころにバレてしまいます。

 

申し込み内容に間違いがあれば、それは単純な間違いとして処理されるのか、虚偽の申告として扱われることになるのかは推測が難しいものではないでしょう。

 

それではよくある間違い、もしくは嘘にはどんなものがあるのかをみていきましょう。

 

年収の嘘

実は、最も多いのは年収の嘘です。

 

年収によって融資限度額は変わります。少しでも借り入れ金額を増やしたいという思いから、年収の申告額を多くしてしまうこともあります。これは非常に危険です。

 

貸金業法の総量規制では借り入れ金額が1社から50万円、複数社から100万円を超えると収入証明の提出が必要となります。

 

銀行では独自のラインを決めており、最初から必要なこともあれば借り入れ金額が100万円の時に必要になるなど違いはありますが、いずれにしろ収入を証明するタイミングはあります。

 

収入に虚偽があったとなれば信用を失います。金銭賃借において信用を失う、それは新しい融資を受けられないということです。

 

勤務先に虚偽の申告

例えば、勤務先に虚偽の申告をすることもあります。

 

在籍確認がありますので、その勤務先に嘘があれば確実にバレてしまうものの、耳にしたことがあるかもしれませんがアリバイ会社というものがあります。

 

月契約が多くなっていますが、電話だけがありアリバイ会社が対応してくれるものです。在籍確認としてアリバイ会社の電話番号を伝えても、そこに電話があればさも在籍しているかのような対応があります。

 

もちろん、そのようなアリバイ会社の存在を銀行や消費者金融が放置していることはありません。断言できます、アリバイ会社はすぐにバレます。

 

参考:今すぐにカードローン審査ガイド|今日中にお金が必要なあなた!

 

借り過ぎだと審査に落ちる

既に他社からの借り入れ金額があるときには、もしかすればそれが理由で借り入れができないということもあります。

 

消費者金融では総量規制がありますので、年収の3分の1を超える金額は借りることができません。既にそれに近い金額が借り入れとしてあるときには新しい借り入れができないこととなります。

 

それでは、銀行カードローンではどうでしょうか?

 

審査が厳しいとされている銀行では、他社からの借り入れ金額よりも、借り入れ件数に重きを置く傾向があります。

 

例えば、こういうことです。

 

どの業者であっても必ず融資限度額が決まります。借り入れ金額がいくらであったとしても、融資限度額までに余裕があることは多いものです。

 

例えば、同じ30万円の借り入れ金額でも、1社からの借り入れで30万円となっている場合と、融資限度額に余裕があり10万円ずつを3社からで30万円となる場合があるでしょう。

 

「同じ30万円であれば違いはない」と感じられるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

30万円の融資限度額で、1社から30万円の借り入れであれば、それ以上の借り入れが増えないことがわかります。

 

しかし、30万円の融資限度額で10万円ずつとなれば、それぞれに20万円の借入可能額があることがわかります。つまり、これから借り入れが可能な金額は、3社分で60万円あることになるでしょう。

 

銀行カードローンでは、現在の借り入れ金額だけではなく、今後借り入れ金額として考えられる範囲を審査として考える傾向にあります。

 

ブラックや債務整理は審査に落ちる

金融事故と呼ばれるもの、これがブラックとなります。個人信用情報機関や消費者金融、銀行などに実際にブラックリストがあるのではなく金融事故をブラックとしています。

 

さて、その金融事故とはどのようなものでしょうか?

 

簡潔にいえば、約束の返済が行われなかったことです。返済の遅延、これは最も身近な金融事故でしょう。

 

一日二日程度の遅れではなく、3か月以上となれば個人信用情報機関に遅延の情報として残ります。

 

あり得ないと思われるかもしれませんが、実際に少ない数ではないのは踏み倒しです。

 

返済の遅延ではなく、完全に返済を放置して連絡がつかない状況となれば踏み倒しとなります。

 

意外なことに債務整理もまた金融事故とです。共通することは完済までに至らなかった、もしくは返済が確実に行われなかったということでしょう。

 

審査ではさまざまなことが調査されています。

 

どのようなことがあれば審査に落ちやすいのか?それを知ることができれば、自分の現在の状況と照らし合わせることができるでしょう。

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円